フュアーハンドランタンの芯交換

ギア紹介

フュアーハンドランタン芯交換 動画

フュアーハンドランタンの芯交換【キャンプ】

フュアーハンド(FEUERHAND)について

フュアーハンド社はドイツで1893年に創業した灯油ランタンのブランドです。

シンプルな構造と実用性の高さから、世界中の人々から愛されています。

どんなサイトにも合うベーシックなデザインと、優しい明りもキャンパーの間で人気がある理由の一つです。

我が家も2つ所有しており、キャンプの夜を楽しむアイテムとなっています。

今回は芯が焼けてきたので交換の手順をご紹介いたします。

フュアーハンドランタンの燃焼の仕組み

以外と知らない燃焼の仕組みです。

「フュアハンドランタンの燃焼の仕組み」
燃料がしみ込んだウィック(芯)に炎が灯り、温められた空気が上昇して煙突から放出されます。
この上昇気流によって新鮮な空気が両側のパイプを通って下部のバーナーに送り込まれ燃焼を促進させるしくみです。

出典:スター商事

ベイビースペシャル276 仕様

ベイビースペシャルの仕様です。

●本体寸法/ 15 × 26 cm
●重量/520g
●タンク容量/340ml
●燃料/灯油、またはスターパラフィンオイル
●材質/本体:ガルバナイズドスチール
●燃焼時間/20時間以上
●明るさ/5W

出典:スター商事

燃焼時間が20時間以上はいいですね(^^)満タンにすれば2回分は余裕で持続します。

芯交換の手順

替え芯に使った芯はペトロマックス純正品を使用しました。

まず、ホヤ部分を外していきます。

上についている輪っかを引っ張るとホヤを固定している上部が上がりホヤの固定が外れます。

ホヤの固定が外れた状態でホヤを押し込むか引っ張るかするとホヤ部分が外れます。

片側方向にしか倒れないようになっています。

次に燃料ハンドルを持って、芯が固定されている部分を外すイメージで時計回りに回すと芯の取り付け部分を外すことが出来ます。

古い芯の残りがある場合は芯を取り除きます。古い芯の取り除きが出来たら下から替え芯を差しこんでいきます。

替え芯を差し込むと中にある燃料ハンドルの歯車部分にぶつかります。

芯が歯車にぶつかった状態で燃料ハンドルを回すと芯が歯車に巻き込まれて上下出来るようになります。

 

燃料ハンドルを回すことで、替え芯が歯車に巻き込まれて、上下に動く事が出来たら成功です。

替え芯の取り付けが完了したら、芯の先端の角を切り落として、先端の形を丸くします。

先端を丸くする事によって、炎の形が綺麗な楕円形になり、すすの量も減るそうです。

後は、開いた手順と反対の手順で戻していけば終わりです。

取り付けが終わったら、1度点火のテストをしてみましょう。

点火する場合は、すぐに点火するのではなく新しくなった芯に燃料が染みているのを確認できてから点火します。

問題なくつきました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました